第5回 WordPressの勉強方法を知ろう

 授業特設サイト☆

https://icc.firstelement.co.jp/

配布資料のPDFダウンロード、授業のフォローアップなど。

わからないことはコメント欄から質問も歓迎!

おさらい

  • CMS=     ・      ・    
  • Webサイト開設に必要な2つ、       契約と    取得
  • WordPressを使うメリット
    • ノンコードでもそこそこのサイトがつくれる&更新できる
    •    (外観)と     (機能拡張)が豊富、いろんなサイトがつくれる
    • 無料
    • 利用者が多い
      • 更新頻度が高い(機能向上・セキュリティ保持)
      • 関連情報が多い(自力解決できることが多い)
      • 【NEW!】関連する仕事が多い
    • ユーザーに細かく権限設定して、複数人で運営できる
    • SEOに強い(自動でリンクを張ってくれる)
    • 広告が表示されない(⇔ブログサービス)
  • WordPressを使う際の注意点
    • 利用者が多い
      • 不正アクセスに狙われやすい
        • アップデートを欠かさない
      • バックアップを自動化
    • 読み込み速度が遅くなりがち
      • キャッシュ機能で改善
      • プラグインの入れ過ぎ注意
    • テーマ/プラグインの競合(コンフリクト)

WordPressは「アプリケーション」または「プログラム」
日々、メンテナンスすることが重要

WordPressの勉強方法を知ろう

今日も今日とて、WordPress!

WordPressにログイン(参考書 P52):

http://wp1.icc/

※ログインできたら、そのアドレスをお気に入り(ブックマーク)に登録しよう

  • 管理画面の「ダッシュボード」は情報を確認する場所(特にすることはない)
  • 管理画面の「設定」メニューを再度確認(参考書 P58)
    • サイト全体の基本情報を設定するところ
  • 管理画面右上の名前 > プルダウンメニューの2つ目 「プロフィールを編集」を再度確認
    • ニックネームを変更してみよう > おもての記事の著者が変わったか確認
  • 管理画面の「外観」>「テーマ」を確認
    • テーマを切り替えてみよう(参考書P80)
      • プレビューボタンで切り替え後のイメージを確認
        • 問題なければ「有効化して公開」ボタンをクリック
          • おもてのサイトでリロードして確認
          • 記事はそのままでデザインやメニューの位置が変わっていることを確認
      • 元のテーマを有効化して戻す
        • 問題ないことを確認
  • 管理画面の「投稿」> 投稿一覧
    • 「Hello world!」タイトルをクリックして編集モードに入る
    • ページ上部の「下書きへ切り替え」をクリックして、一度公開された記事を”下書き”状態にして、記事を非公開にしてみよう(参考書P109)
Subscribe
Notify of
guest
6 Comments
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
ほりうち

いつもわかりやすい資料や丁寧なご説明、ありがとうございます。
あるウェブサイトが、Word Pressで制作されているかどうかを確かめる方法を教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

ほりうち

わかりやすい説明ありがとうございました。
いくつかのサイトで、上記を確認してみました。
今後も、興味のあるサイトで確認してみようと思っています。

6
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x