第15回 「Visual Studio Code」を準備する(後期授業準備その2)

後期授業では実際にHTML、CSS、PHPなど編集をします。そのためにエディタ「Visual Studio Code」をパソコンで使えるようにします。

1、ダウンロードする

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/へアクセス

「Download now」ボタンをクリック。

Windowsのアイコンの下のボタンを押す。

ダウンロードが始まります。

※ブラウザによっては「保存」ボタンが出るのでボタンを押す。

以上でダウンロードは完了です。お疲れさまでした。

2、インストールをする

上記の状態からしばらくすると終わるので「ファイルを開く」のリンクをクリック。

※上の画像の「ファイルを開く」リンクを見失ってしまった場合は、直接インストーラを実行してください。ダウンロードされている場所は「ダウンロード」フォルダです。フォルダの中にある「VSCodeUserSetup-x64-1.60.0.exe」をダブルクリックすればインストーラが実行されます。

使用許諾契約書の同意画面が出たら、下部の「同意する」を選択して「次へ(N) >」をクリックします。

インストール先の指定画面が表示されたら、所定の場所(特に問題が無い場合はそのまま)を選択して「次へ(N) >」をクリックします。

スタートメニューフォルダの指定が表示されたら 所定の場所(特に問題が無い場合はそのまま)を選択して「次へ(N) >」をクリックします。

追加タスクの選択画面が表示されたら、すべてチェックを入れて「次へ(N) >」をクリックします。

インストール準備完了画面が表示されたら、「インストール(I) 」をクリックしてインストールを開始します。

インストールが始まりますのでそのまましばらくお待ちください。

中央にあるチェックボックスにチェックが入っていると、終了と同時にVisual Studio Codeが起動します。

最後に完了ボタンを押してインストールは終了です。お疲れさまでした。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x